職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  課程・専攻・学科等  >  職業訓練指導員養成のための課程  >  長期養成課程

課程・専攻・学科 等

長期養成課程(指導員養成訓練)

長期養成課程は、職業訓練指導員の養成を目的とした課程で、課程修了後は職業訓練指導員として、職業能力開発施設を運営する機関への就職を目指します。訓練期間は2年間です(職業能力開発大学校の応用課程修了者または職業能力開発総合大学校の総合課程卒業者は、訓練期間を1年程度または1年に短縮できます)。授業時間は 3,600 時間以上と、たいへん豊富な内容のカリキュラムとなっており、大学卒業後の進路の1つとして考えていただけると思います。 
課程修了後は、複数の職業訓練指導員免許の取得による普通課程(*1)担当資格と、専門課程(*2)担当資格が得られます。
職業能力開発研究学域(以下、「学域」という)における教育訓練は大学院設置基準の修士課程に準拠した内容であり、長期養成課程修了後に取得できる職業訓練指導員免許に加え、学域修了後に(独)大学改革支援・学位授与機構が実施する研究論文の審査及び試験(口頭試問)に合格すると修士(生産工学)が取得できます。
学域では長期養成課程で付与される職業訓練指導員に必要な能力に加え、さらに大学院修士課程相当の研究能力を付与するための科目を設定しています。
学域は、下図のとおり2年間の課程で、長期養成課程同様、修了した教育訓練機関、課程等により修得する科目が異なります。

*1 基礎的な技能およびこれに関する知識を習得するための訓練課程
*2 高度な技能およびこれに関する知識を習得するための訓練課程

長期養成課程(学域を含む。)のカリキュラムを大きく分類すると、下表のとおり、「専門学科・実技科目」、「生産管理系科目」、「能力開発学科・実技科目」、「特論科目」、「特別実験実習科目」の 5つに分類されます。
長期養成課程においては、「専門学科・実技科目」、「能力開発学科・実技科目」、「生産管理系科目」において養成する7つの能力(@職業能力開発指導力、A訓練コーディネート力、Bキャリア・コンサルティング力、C問題発見解決力、Dマネジネント力、Eイノベーション力、F技能・技術力)を習得することで、職業訓練指導員経験 3 年程度の能力を有する職業訓練指導員を養成することを目的としています。
学域では、前記の長期養成課程の 3 分類に加え、「特論科目」、「特別実験実習科目」において、ものづくり産業における環境変化を把握し、この変化が職業能力開発に及ぼすと思われる影響に柔軟に対応できるための高度な能力の修得を目指します。

長期養成課程において、取得できる職業訓練指導員免許は、以下のとおりです。
(@は長期養成課程、Aは職業能力開発研究学域)

 

  ※今年度の募集は終了しました。

必要なものをクリックしてください。

問合せ先
職業能力開発総合大学校 学生課
住所:東京都小平市小川西町2-32-1
TEL:042-346-7127