職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  課程・専攻・学科等  >  総合課程とは  >  専攻紹介  >  機械専攻

課程・専攻・学科 等

産業界が求める実践力と指導力を兼ね備えた技術者を育成します

機械専攻

  • マシニングセンタによる機械加工

  • フライス盤による技能検定課題の製作

  • グラインダーによる機械加工

  • CAD図面

  • 精密加工実習の成果物(スライダクランク機構)

  • フライス盤

日本の機械技術は、自動車、家電、ロボット、航空機などの産業分野、および工作機械や金型などの基盤技術の分野において世界最先端であり、ものづくり立国 「日本」を支えています。グローバル化が進む今日、国際競争力に優れた機械技術の開発・発展が必要であり、明日の技術を創造し、発展・伝達していく人材が 望まれています。
機械専攻では、材料力学、機械力学、流体力学、熱力学を基礎とし、そのうえで生産技術に関わる材料、設計、加工、計測、生産システム、メカトロニクス、制御、保全、管理等の分野について、講義・演習・実験・実習を体系的に組み合わせたカリキュラムを提供します。技能を習得する過程に発生する現象の実験的・ 理論的な解明を通じて、幅広い問題解決能力を養い、さらに新製品とその生産方法を自ら創案できる設計・生産能力の基礎を習得することで、産業界が望む実践力と、生産現場で指導的役割を担うことのできる能力を兼ね備えた技術者を育成します。

学べるポイント!
  • 機械専攻の学生として必要な基礎を徹底的に学びます。
  • 充実した実習設備で専門的なものづくりに関する技術・技能を身に付けます。
  • 製造現場を模したカリキュラムで、実践的な技術・技能を身に付けます。
  • 専攻を越えた幅広い知識と現場を管理するマネジメント力や指導力を身に付けます。
  • 職業能力開発促進法に基づいて、卒業時に行われる「技能照査」により技能の質を保証します(合格者には「技能士補」の称号を付与します。)
取得を目指す技能士
  • 2 級技能士(機械系に関する職種[ 以下、1級も同様]、在学中に受検資格)
  • 1 級技能士(技能士補の実務経験2年で学科免除、卒業後実務経験1年で受検資格)
取得できる資格等
  • アーク溶接特別教育修了証
  • ガス溶接技能講習修了証
専攻主任からのメッセージ〜岡部眞幸 教授〜

次世代のものづくりを担うのは君たちです

機械専攻の卒業生は、我が国の次世代ものづくり現場をリードし、品質・生産管理、組織管理を含めた生産現場の運営・管理、さらにはものづくりの技術・技能者の育成において活躍できる人材となることが期待されます。この期待に添うことが君たちの役目であり目標なのです。教育環境は我々教職員一体となってサポートします。主役である君たちは、コミュニケーション能力を養い、我が国のものづくりの次世代を担う人材となることを目指して学習してください。そのために、機械専攻のカリキュラムでは、機械工学全般の基礎技術および応用技術に関するメニューはもとより、実践力が身に付けられるようものづくりに関する一連の実験・実習を用意しています。また、社会に出てからもいろいろな局面に対応できるよう、評価、検証能力を高められるよう配慮しています。

カリキュラム

多くの実験・実習と充実した機器を用いて実践的な科学・技術・技能を学びます

機械専攻では、まず機械工学全般の基礎を学び、そのうえで機械設計技術、加工技術、測定技術など、ものづくりに関する基盤技術を中心とし、NC 工作機械、FA システムやロボットに必須の計測・制御、自動化技術などを学びます。これらを講義だけでなく、 豊富な実験・実習により実践的な技能・技術とともに身に付けます。
さらに、グループによる総合的な課題実習を通じて、生産現場に必要な応用力や問題解決能力を身に付け、また卒業研究により、ものづくりに関する実験や理論的な評価・検証を行うことで、問題解決能力へと通じる論理的思考をできるようになります。