職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  課程・専攻・学科等  >  総合課程とは  >  専攻紹介  >  建築専攻

課程・専攻・学科 等

建築は人間が生活する環境を創造するうえで不可欠なもの、その担い手を育てます

建築専攻

  • 木造建築施工の実習

  • 木建築設計製図

  • 高度技能応用実習T(木造建築施工生産の実習)

  • 高度技能実習T(木造建築施工の実習)

  • 鉄筋コンクリート建築施工の実習

  • 木造耐力壁破壊実験

建築生産技術は、戸建住宅から超高層ビルまで人間の生活環境を創造するうえで不可欠なものです。それは様々な技術を有機的に統合して企画・計画・設計・施工・維持保全されてきました。現在では、安全・安心な福祉住環境、自然との共生など新たな課題があり、伝統的な技術・技能に加えて、新たな生活価値の創造や耐震・免震技術、高気密高断熱技術、新たな施工技術などに対応できる人材が望まれています。

建築専攻では、計画・設計、構造、環境・設備、構法・材料・施工を基礎とし、その上で主要構造である木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造などを中心とした建築の生産技術を構築するための講義・演習・実験・実習を体系的に組み合わせたカリキュラムを提供します。技能を習得する過程に発生する現象の実験的・理論的な解明を通じて幅広い問題解決能力を養い、建築物の生産方法を自ら提案できる設計・生産能力の基礎を習得することで、建築工事の技術・技能と生産現場で指導的役割を担う能力を兼ね備えた技術者を育成します。

学べるポイント!
  • 建築計画、構造、設備、構法・材料・施工の基礎知識を学びます。
  • 設計実習を通じて、建築の設計、製図、性能評価の技術を身に付けます。
  • 各種測定機器や道具の使用法などの基本的な技術・技能を身に付けます。
  • 建築生産技術を実物施工などの実習・実験を通じて体系的に学びます。
  • 建築生産現場に必要な応用力や問題解決能力を身に付けます。
  • 職業能力開発促進法に基づいて、卒業時に行われる「技能照査」により技能の質を保証します(合格者には「技能士補」の称号を付与します。)
取得を目指す技能士
  • 2 級技能士(建築系に関する職種[ 以下、1 級も同様]、在学中に受検資格)
  • 1 級技能士(技能士補の実務経験2 年で学科免除、卒業後実務経験1 年で受検資格)
取得できる資格等
  • 建築士(受験資格※1)
  • 建築施工管理技士(受験資格※2)

※1:一級(卒業後2年以上の実務経験)、 二級(3年次 進級時)
※2:1級(卒業後3年以上の実務経験)、 2級(卒業後1年以上の実務経験)

専攻主任からのメッセージ〜松留愼一郎 教授〜

建築は身近な存在で分野が広い
活躍の場を創造してください


建築は、人間の生活を支える「衣食住」の要素として、古くから時代や地域に即してきた身近な存在です。日本にも世界にも、伝統的な建築が魅力を醸し出している地域や新しい建築による快適で魅力的な都市がある一方で、好ましくない環境もあります。良いものは継承・発展させ、好ましくないものを改善させていくために、科学的に考え、様々な技術・技能を身に付ける必要があります。職業大で学び、建築の生産方法を自ら提案できる力の基礎と応用力を身に付け、自然と共生する安全・安心で利便・快適・魅力的な建築・地域・都市を創造できる生産技術者を目指してください。それを実現するために、講義・演習にて理論を学び、実験・実習にて実物をつくり評価をおこなうという実践的で総合的なカリキュラムを用意しています。建築専攻にて学び、社会に大きく羽ばたくことを期待します。

カリキュラム

伝統から最先端までの実践的な技術に対応できるように
建築生産の基礎技術からイノベーション技術までを学びます


建築計画・設計、建築構造、建築環境・設備、建築構法・材料・施工の各分野で、現代の建築におけるイノベーション技術とともに、我が国特有の伝統的な技能、例えばノミやカンナによる木造の仕口や継手の加工を習得します。また、コンクリート施工、室内の左官・クロス施工など、現場さながらの豊富な実習を通して、高品質の施工技術・技能に加えて、建築の生産プロセス(企画、計画、設計、施工、維持)で求められる管理技術を身に付けます。そして、企業実習や、総まとめとしての卒業研究を通して、最先端までの実践的な技術に対応できるようになります。