職業能力開発総合大学校は厚生労働省が所管する大学校です

  • TOP
  • 職業訓練指導員をめざす方
  • 指導員の方
  • 受験生の方 総合課程
  • 在校生の方
  • 卒業生の方
  • 企業の方

English

  • 大学校案内
  • 課程・専攻・学科等
  • 学生生活
  • 社会貢献

職業大トップ  >  課程・専攻・学科等  >  総合課程とは  >  専攻紹介  >  電子情報専攻

課程・専攻・学科 等

ますます発展を求められる電子情報システム分野で柔軟な適応能力を持つ技術者を育成します

電子情報専攻

  • 電子機器組立実習

  • 無線通信機器の特性測定

  • 球体型移動ロボットの開発

  • ネットワーク工学実習

  • 光通信ネットワークに用いられる光ケーブルの特性を測定する計測実験

  • 電子機器組立実習

電子情報システム技術は、普段の暮らしのなかでなにげなく使われている機械と機械、人と機械、さらに人と人とを結ぶあらゆるところに使われている技術であり、ますます発展を求められる分野です。そこでは、電子回路技術をコアとしたハードウェアや、その頭脳であるコンピュータ技術、さらに人や機械間を結ぶために必要な通信技術を使いこなせる人材が望まれています。
電子情報専攻では、電気・電子工学、情報工学、通信工学を基礎とし、その上で生産技術と関係する電気回路、電子回路、計測・制御、ソフトウェア、コンピュータ、ネットワーク等の分野について、講義・演習・実験・実習を体系的に組み合わせたカリキュラムを提供します。実際の現象観察を通して、科学的思考法、生産現場に必要な問題解決力を養い、新製品や生産プロセスを設計・製作・評価するための基礎能力を習得することで、人とのインターフェイスに関わる製品開発や生産現場で活躍できる技術者を育成します。

学べるポイント!
  • 電子回路システムを構築できるようになる回路システムの理論と実際を学びます。
  • コンピュータシステムを構築できるようになるソフトウェア技術を学びます。
  • 通信ネットワークシステムを構築できるようになる有線、無線通信技術を学びます。
  • 三つの分野を統合した組込みシステムの企画、設計、製作、評価技術を学びます。
  • 協調したものづくりを通して、指導的な技術者となるためのプロセスを学びます。
  • 職業能力開発促進法に基づいて、卒業時に行われる「技能照査」により技能の質を保証します(合格者には「技能士補」の称号を付与します。)
取得を目指す技能士
  • 2 級技能士(電子情報系に関する職種[ 以下、1 級も同様]、在学中に受検資格)
  • 1 級技能士(技能士補の実務経験2 年で学科免除、卒業後実務経験1 年で受検資格)
取得できる資格等
  • 工事担任者(「電気通信技術の基礎」科目免除※)
  • 電気通信主任技術者(「電気通信システム」科目免除※)
  • 第一級陸上特殊無線技士(試験免除)
  • 第二級海上特殊無線技士(試験免除)
専攻主任からのメッセージ〜小野寺理文 教授〜

技術の進化に追従できる
アダプティブな技能者を目指す若者たちへ


電子情報専攻では、最先端製品の実現に不可欠な「組込みシステム」技術について、ハードウェア、ソフトウェア技術の両面から学習を行い、日本のものづくり産業をリード、サポートできる人材を育成することを目的としています。低 学年では、豊富な実験・実習により、実際の「もの」を作り込む基本技能を習得するとともに、実験・実習に連動する形で展開される授業により、科学に裏打ちされた技術を身に付け、愛情を持って「ものづくり」が行える人材を育成します。さらに、高学年では教員の専門性を活かした実際的なテーマのも と、ニーズを分析して、最適な設計を試み、実際に試作をして、作った「もの」に対して評価を行うことにより、時代の変化、技術革新に対応できる「創造的なものづくり」が実践できる「創って作れるエンジニア」を目指します。

カリキュラム

電子・情報および通信技術を習得し、組込みシステムを実践的に学びます

電子技術分野では、電気回路、電子回路、計測工学、センサ工学、情報技術分野では、計算機工学、信号処理工学、ソフトウェア工学、および通信技術分野では、ネットワーク工学、通信工学など、一つの分野に偏ることなく、広い知識について実践的に学習します。 さらに、三つの分野を統合した組込みシステムの企画、設計、製作、評価を行い、「ものづくりプロセス」の基本を身に付けます。必修科目の他に高周波工学、暗号と情報セキュリティ、通信機器工学などの選択科目を履修することによって専門性を深めることにより、様々な生産現場で活躍できるようになります。